スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公益準備室 20090508

20090508220238

20090508220235

20090508220233

ゴールデンウイーク明けの今日は
LOMの5月事業の打ち合わせです。

この事業のテーマは「公益とは?」です。

公益社団法人格への移行が話題になってから
よく公益的な事業という言葉を聞きますが、
公益的な事業≠公益事業です。

何度でも言います、公益的な事業≠公益事業です。

つまり、<公益的な>事業をいくつやっても
公益社団法人にはなれない。

ちょっと強引ですが一杯のラーメンを作る際に
醤油ダレなり塩ダレをスープで割って
そこに麺と具が加えられて完成する例で考えると
十分にダシが取れているスープなら美味いと思いますが、
ダシが取れていないただのお湯をスープの替わりに
したら美味しいラーメンにはなりませんよね。

同様にスープが薄いラーメンは美味いとは言えない。
これが公益的な事業は公益事業ではないという例えは
分かりづらいですかね。

会議等で公益的な意味合いが薄い事業を
公益事業ではないと言うと公益的な部分を
含んでいますよねという答えがくることがあります。

ほとんどお湯に近いスープで作ったラーメンにも
ダシはゼロではありません。
しかしそのラーメンは美味しいでしょうか?

私達が目指しているのは
ラーメンのようなものではなく、美味いラーメン。
できればお金を払ってでも食べたいと
言ってもらえるようなラーメンを作りたいのです。

この理屈が浸透すれば
外部資金を集められる公益事業を
みんなで考えることができるのではないかと
思っているのですが、
どうすれば分かり易く伝えることができるでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

まさるの城

Author:まさるの城
好きなもの!
釣り・猫・写真・競馬・料理・心理学・ちっちゃいパソコン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。